FC2ブログ

★ 玉スポーツ ★

気ままに発行します。ご理解のほどを。

テスト生の実力

ススキ
薄b
D40 AF-S Nikkor 18-55mmF3.5-5.6GⅡED
JPEG fine L NX2でアンシャープマスク30% リサイズ

ご存じ秋の風物詩でイネ科の植物、ススキである。
秋の七草のひとつでもあり、別名尾花。
風に揺れるその姿は、まるで神霊や祖霊を招いているようで、
その連想から祭礼の時、幟の先端に付けられたり、
中秋の名月(先祖がえり)のお飾りとされたり、
今でも宗教的行事、年中行事に用いられている。
もともとススキそのものを神聖視する信仰もある。
”幽霊の正体見たり枯れ尾花”のオバナはもちろんススキのこと。
ススキから御霊を連想した好例であろう。
ただ単に美しいというだけでなく、
秋の夕暮れ時、風に揺れるススキに情感を感じるのは
このあたりの信仰と関係があるのかもしれない。

この日は空気が澄んでいて、見とれるほど夕日に映えていたので撮ってみた。

・・・・・。

なんて真面目に語ってる場合じゃないのだ。
いつの間にか契約金41,000円でテスト生として入団したコーチ(D40)と
投手(AFS DX 18-55mmGⅡ)が予想外の活躍を見せている。
確かに描写力や機能は上位機に劣るものの、
ウェブ限定ならこれで十分な描写だ。
とにかく金がかからなくて、扱いやすく素直なのがいい。
難しい指示さえ出さなければ、オーナーの大半の要求に応えてくれる。
要するに、安くて、軽くて、簡単で、ファイルデータが小さく扱いやすいのだ。
そう、今廉価機、普及ズームがアツい!
近々、特集を組むこと考えている。乞うご期待!
スポンサーサイト



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/30(日) 21:17:14|
  2. システムの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紅白戦の結果

鳴り物入りで入団したAFS DX 16-85mmG ED。
早速、その実力を確かめるべく昨日行われた紅白戦の結果をお伝えしよう。
これが非球面レンズ3枚、EDレンズ2枚の底力なのか!
馬草港
D60 AFS DX 16-85mmG ED VR kenko proD1filter使用
12bitRAW 仕上がり設定 標準
NX2でアンシャープマスク30%、リサイズ
すっこーん!
写真の出来はともかくとして描写は会心の一打である。解像感、色のりともに申し分ない。
とくにヌケは目を見張るものがある。まるで1枚も2枚もベールを剥がしたかのようだ。
各紙で単焦点並みの解像力と称された評価も頷ける。
そうかぁ~。DXレンズもこの価格でこれだけの描写をするようになったのかぁ~。
実に癖のない素直な描写である。う~ん。FXと単焦点の立場が・・・。おっと失礼。
あまりの出来に感傷的になってしまった。
ともかく紅白戦とは言え16-85の初戦の評価は上々だった。
いわゆるツァイスなど独特の味とか空気感とか求めなければ、
風景、スナップなどの被写体では不満は出ないであろう。
オーナーも満面の笑顔である。今後の実戦が楽しみだ。
おっと~、こんな素晴らしい選手(レンズ)、いきなり契約解除されたら大変だ。
ココリラーズはじめ他のオーナーには開幕まで内緒にしておこう。(笑)

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/27(木) 21:21:50|
  2. DXレンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新戦力

本日、玉軍広報は来季に向け新戦力の入団を発表した。
D40+AF-S DX 16-85mmF3.5-5.6G ED VR
AF-S DX 16-85mmF3.5-5.6G ED VRだ。
走・攻・守バランスのとれた選手で安打製造機の異名を持つ。
意外と骨太で(質感がある)、お上品(操作感が良い)なのも良い。
明日からの浜名湖北岸戦(一泊出張)では早速活躍してくれるだろう。
因みに契約金は71,000円だ。
大型選手(大口径レンズ)との激しいポジション争いも予想される。
ファンとしては来季の玉軍の活躍に期待が持てるニュースとなった。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/25(火) 22:00:05|
  2. DXレンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鳳来寺峡戦線従軍記・番外編

私は”変なもの撮り名人”である。
あまり人目を引かないもの、滑稽なものを撮って一人喜ぶ習性がある。
・・・。まあ要するに一人上手なのである。(苦笑)

紅葉山
吹きだまりの宴b
鳳来寺山頂駐車場の片隅には、すでに落ち葉のモミジが吹きだまりのように
かたまっていた。それが風の仕業か、管理人の遊び心か壁面に押し付けられ、
一種の貼り絵で作られた山のような光景になっていた。

鳳来寺神宮摂社の狛犬?
鳳来寺神宮の狛犬b
本社の狛犬はもっとりっぱなものだった。
風化してやれた感じからしておそらく昔、社頭に置かれていたものだろう。
それにしても、愛嬌のある顔である。あまり狛犬らしくない。
しかもたがいにそっぽを向いている。
首に巻かれた布はなんなのか。いろいろ疑問がわく。
参拝者を睥睨するような威厳がないと言ったら失礼だろうか。
丸い耳とシタリ顔に思わず目を細めながらパチリ。

テーマ:紅葉~♪ - ジャンル:写真

  1. 2008/11/22(土) 20:45:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳳来寺峡戦線従軍記・後編

雨、霧、悪路に行軍は困難を極めた。昨晩のビールと焼酎が・・・。
いや、猛特訓の疲れも顔を出す。げふっ。(=◇=;)
だが、敵本体と干戈を交えずして引き下がるわけにはいかない。
後もうちょっとだ、がんばれ!隊長の檄が飛ぶ。
士気は再び高まった。
そして、そんな我々の願いが通じたのか、とうとう敵が眼前に現れた!
紅葉山b
ブラボー!

足下遥かには、棚田も見えた。絶好の戦場(ロケーション)じゃないか。
深山の紅葉b
隊長以下疲れも忘れ、ここぞとばかり思う存分シャッターを切った。
もちろん結果は完勝だ。
我が軍は凱歌を声高らかに歌いながら帰路についた。

戦果(紅葉の写真)はアルバムにもアップしました。
よろしかったら御覧ください。
作者名、“すさび心”でログインできます。

テーマ:紅葉~♪ - ジャンル:写真

  1. 2008/11/19(水) 23:22:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳳来寺峡戦線従軍記・前篇

今回タマスポ従軍記者は鳳来寺峡戦線を取材した。
戦闘は当初の予想に反し、ゲリラ掃討作戦となった。
なにしろ敵が山中奥深くに籠って出てこないのだ。(里はあまり紅葉してない・・・。)
こなれば、敵を求めて懐深く攻め込んでいくしかない!
我々は躊躇することなく冷たい雨が降る中、鳳来寺山山頂を目指した。
が・・・。
鳳来寺山の紅葉イメージ2

御覧の通り、到着直後こそ見晴らしが良かったものの、あっという間に雲に覆われた。(; ω ;)
敵はスモークで我が軍の侵攻を阻止するつもりらしい。(笑)

鳳来寺山の紅葉イメージ1
ただし、駐車場付近から鳳来宮参道の紅葉は見事に色付き美しかった。
標高が高く空気がきれいだからだろう。
霧中の紅葉もなかなかいいじゃないか。いや敵もなかなか粋な演出をしてくれるじゃないか。
と我々は心中ひそかに思いつつ歩を進めた。
後篇に続く。

テーマ:紅葉~♪ - ジャンル:写真

  1. 2008/11/19(水) 18:33:49|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとうございました

プチオフ・紅葉撮影会にご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。
あいにくの雨でしたが、本当に楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。
早速、本日の記念すべき一葉をアップします。
雲上の紅葉b
D60+AFS micro60mmF2.8G

雨もまた一興。
雲上の紅葉です。
単純に紅葉を撮るより変化があってよかったんじゃないかと思ってます。(^^;)
来年は青空のもとで撮りたいですね。
それでは失礼いたします。

テーマ:紅葉~♪ - ジャンル:写真

  1. 2008/11/16(日) 22:20:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

タマスポ速報!北陸シリーズ

全国20,000,000人のタマスポ愛読者の皆さま、こんばんは。
先ほど、北陸シリーズの激闘を終え帰ってきました!
・・・が。諸般の事情により北陸の紅葉は撮影できず惨敗です。
いや土俵にも上がれなかったということか。(;ω;)
とりあえず帰り道の行程で立ち寄った多賀大社の門前の紅葉をアップします。

多賀大社の紅葉
多賀大社の紅葉
D700+AFS17-35mmF2.8D

う~ん。部分的に紅葉している状態といったところでしょうか。(^^;)
しかもあまり色がきれいじゃありません。
不完全燃焼です!この雪辱はどこではたしましょうや!
とおもったら、明日は待ちに待った紅葉撮影会ではありませぬか。(^-^)/
参加者の皆さ~ん。よろしくお願いいたしますー!
以上取り急ぎ速報をお伝えしました!



テーマ:紅葉~♪ - ジャンル:写真

  1. 2008/11/14(金) 23:23:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北陸シリーズ

あさってから福井県に出張である。
いや、北陸シリーズなのである。
D700.jpg
監督:D700(予備バッテリーあり)
コーチ:P6000
先発:AFS17-35mmF2.8D
控え:ULTRON 40mm F2

監督と先発投手が巨漢なので、その他は小食で極力軽い選手を選抜した。
え?ホントに仕事かって?
もちろん仕事なのである。(^ω^;)
け、けっして観光旅行ではない。まじめな仕事なのである。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/11(火) 00:03:06|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名玉紹介☆AFS micro60mmF2.8G

続いて紹介するのはAFS micro60mmF2.8Gです。
はい。発売以来、描写力に関しては非常に高い評価を受けているレンズです。
紫の花b
撮影データ
D60+AFS micro60mmF2.8G
RAW
手持ち、NX2でアンシャープマスク、明るさ調整、リサイズ。

いや~。ニコンらしいシャープな写りですね。
立体感や解像感も申し分なしです。
ツァイスには僅かに及ばないかもしれませんが、今までのニコンレンズにはなかったヌケの良さ、
なめらかな諧調、色のりの良さも感じます。
VRがないので、その分重さも抑えられ常用マクロとしての
機動力と汎用性は高いのではないでしょうか。
数ヶ月前に森の中の滝をこのレンズ撮った画像を見てもしっかり解像してますね。
遠景の描写力も悪くないと思います。
なにより、DXフォーマットでこの描写力!
やはりカメラってレンズなんだな~と思い知らされました。

あ、ここで臨時ニュースです!
タマゴンズは(笑)
最近、打率の低迷に悩み、不調だったAis micro 105mmF2.8さんを今季限りで
自由契約にすることを発表しました。(;_;)
十年近く活躍してくれた選手なんですけどね~。残念です。

なお、タマゴンズは来期、
以前から待望論のあった現在コシナーズで活躍している
Carl Zeiss Makro Planar T*2/50(ZF)選手の獲得に乗り出すことを表明しています。
現在、契約金の交渉を重ねており、うまく話がまとまれば今年中にでも
正式入団することになるでしょう。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/08(土) 20:40:53|
  2. AF単焦点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名玉紹介☆Distagon35mmF2(ZF)

どうも。
こんどこそ。まじめにやります。(-_-)シャキッ!?

さっそく私の所有するレンズから、これはと思うものをご紹介しましょう。
今回はその第一弾です。
金木犀・アンシャープ40
撮影データ
D700+Distagon35mmF2(ZF)
NX2でアンシャープマスクと明るさを調整

ああ、ご覧ください。
この画面から飛び出るような立体感を。
コントラストが強く、重厚な描写力を。
レスポンス?AFスピード?私には関係ないね。
1にも2にも画質という方はこれ一本買っとけば文句なしでしょう。
例のツアイスの*Tコーティングの恩恵でしょうか。
その他のレンズと比較して、一枚ベールを剥がしたかのような描写でもあります。
マッタリとしたヘリコイドの感触もいいですね。
レンズ自体の質感、操作感にこだわりのある方には一層お勧めです。

ただし、単焦点のくせに少々重いです。(^_^;)
それと、被写体によっては少々暑苦しく感じる時もあるかもしれません。
ニコンのAis35mmF1.4などと描写の癖をつかんで、
被写体によって使い分けていただくと面白いと思います。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/08(土) 00:27:07|
  2. MF単焦点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

またまた新発売!?

なんと、Nukonから新機種発売です。(^_^;)/
その名もNukon DM2
DMの発売から1か月足らずの間に、早くも後継機が!?
重厚な軍艦部。
エンプラボディ。
もちろんFXフォーマット。
そして驚きの低価格。AFS50mmF1.4VR付きで実売ハチキュッパ!!
バカ売れ間違いなしですね!

Nukon DM2
・・・すいません。最近仕事がモーレツに忙しく、新しいネタがありません・・・。(T◇T)
まあ、夢のある話ということで・・・。苦しいか・・・。寝たふりしよ・・・。グ~。
  1. 2008/11/04(火) 23:58:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

玉知安

Author:玉知安
どうも。玉知安と申します。
写真歴は20年以上。ただし、
写真に関する知識は?
まぁ、マイペースでやってます。
主に、スナップ、植物、乗り物などを
撮っています。
気ままに撮影を楽しんでますので、
暫く更新が滞ってもご容赦ください。
m(_ _;)m

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる