FC2ブログ

★ 玉スポーツ ★

気ままに発行します。ご理解のほどを。

Ais50mmF1.2の描写

Ais50mmF1.2の描写です。
スキャナを通してですのでわかりにくいですけど、
ルーペで見た限り、少し絞れば寒気がするほどの解像感です。
ひたすら解像感を追い求める方は大満足のレンズでしょう。
色のりは最近のデジイチの濃い写りを見慣れた目にはあっさり系にみえます。
決してコントラストが低いわけではないのですけど・・・。
ボケはやはり硬い感じですね。
花の写真などで、精緻さを求めつつ柔らかさを残したい向きには少々不満がでるかも知れません。
まあ、そういう方は最初からマクロを使うでしょうね。(^-^;)
そのかわりファインダーの明るさは感動的です。
夕景スナップなどに活躍してくれるでしょう。
知立菖蒲

撮影データ
F3+Ais50mmF1.2
絞りはF4前後だったかな。
プロビア100F
三脚使用
EPSON GT-F700
スキャナが代わっている理由は・・・。
また機会があればお話しします。
スポンサーサイト



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/30(月) 21:49:42|
  2. MF単焦点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドンケF-6

今回紹介するのはドンケF-6
あの超定番、ドンケF-2の小型版だ。
すでにシステムのテーマで登場しているバッグではあるが、
お気に入りグッズとして改めて紹介したい。
私が買った初めてのドンケでもある。(笑)
DSC_0071.jpg

最大収容
MFカメラ2台。
MF単焦点レンズ3本~4本。
その他アクセサリー。といったところか。
小さいのに驚くほどの収容力というドンケの歌い文句を地で行くバッグである。

ちなみに上記写真の機材は
ニコンF3
Ais135mmF2
Ais50mmF1.2
Ais28mmF2.8
ブロアー、フード、ポジフィルム6本、折りたたみレフ板、メモ帳など。

重さ1kg、価格は2万円弱といったところだろうか。
頑丈さは折り紙つきで、且つ腰のあたりにぴったりと馴染むので、
小旅行のお供に、スナップにお勧めである。
それまで使用してきたナイロン製のバッグにはなかった感触だ。
先日の私の出張ではD60とキットレンズのバッグとしても活躍した。

ただし、デザインはいかにもカメラバッグといった感じの無骨なものである。
洗練された感じはない。女性が持つのはちょっと気が引けるだろう。
そのあたりのことは、ドンケも気にしているのだろうか。
最近、チョコレートブラウンなる色のものも登場した。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/26(木) 18:48:20|
  2. DOMKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと久し振り・・・

の更新となってしまいました。m(_ _;)m

と、ともかく、いきなり単焦点の所感です。
それは、泣く子も黙る描写そしてコストパフォーマンスの
ツァイス・プラナー50mmZF!
あえて、D300につけてみました。
フィルター径58mmの太い鏡胴ですから、バッテリーグリップ付の
D300とのマッチングもグー!
操作感はもちろん申し分ありません。
ヘリコイドのグリスのヌメリを体感できます。(笑)

D300+planar50mmZF.jpg


さて、問題の描写です。
D300+50mmZFの感想を一言でいえば、濃厚、且つ重厚!
しっとりとした潤いのある描写です。
ニッコールを水彩画に例えると、ツァイスは油絵でしょうか。
コントラストが強く、立体感のある絵になります。
このあたりは、フィルムと同じですね。
古城などの重厚感を出したい建築物、岩山その他、このレンズの描写の特性が活かせる
被写体を選べば、最高の絵を提供してくれるでしょう。

その一方でこのレンズ、デジタルでは少し線が太い感じです。
DX17-55F2.8Gで決まった時のような、乾いたカリッとした解像感はありません。
これはフィルムとデジタルの違いでしょうね。
決して、解像感に乏しいとか、ぼんやりしている感じではありません。


渓谷

撮影データ
D300+プラナー50mmF1.4 ZF
手持ち、編集なし、NX2でリサイズ。
詳しくはEXIF情報を参照してください。


ボケも透明感があって、他社のレンズとは一線を画します。
ボケ自体が主張してると言ったらいいでしょうか。
ひたすら均質な感じ、平面的な感じのボケになる、
日本製他社のレンズとはどことなく雰囲気が違います。
特にフィルムでは、ザラついた感じがまったくない、
限りなくヌケの良い、しっとりとしたツァイス独特のボケ味が堪能できます。
菖蒲

撮影データ
上記に同じ。


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/23(月) 19:38:17|
  2. MF単焦点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

低感度フィルムのススメ

ちょっとブレイクた~いむ。
シャッタースピードを稼がなくてよい被写体だ。今日は風がない。昼間で天気もまずまず。
という撮影条件ならば、低感度フィルムもお勧めである。
いや、ISO100よりもさらに上質でなめらかなボケ。緻密な粒状性。透明感。
積極的にお勧めしたい。
DOMKE F-3X

上掲の写真は御覧の通りFortia SP。もちろんISO50。
別に限定版じゃなくてもよかったんだけど、カラフルな5本パックの箱に
魅せられて買ってしまった。(笑)

私はポジ撮影の時は、概ねISO100を使うが、ISO50、ISO400も必ず1本は持って行く。
被写体や撮影条件によって使い分けるためだ。
ある意味、レンズやボディの選択よりもこちらのほうが重要かもしれない。
標準レンズで広角風や望遠風の写真は撮れるが、
ISO50で撮った写真はIS50でしかないためだ。あたりまえか・・・。
  1. 2008/06/18(水) 20:34:23|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CANON LIDE 600F(フィルムスキャナ)が・・・

故障しました。
PCとスキャナをつなぐケーブルの接続不良みたいです。
数ヶ月前からスキャナ側がうまくはまらないなとは思ってましたけど。
早速修理に出しましたので、暫くフィルムで撮った写真はアップできません。
せっかく知立神社の菖蒲園をF3+Ais135mmF2で撮ってきたのに・・・。
あ~あ。
下の写真は昨日取り込んでおいたものです。
AFSmicro60mmF2.8Gをフィルムで使ってみました。
巷での評判通り、ツアイスのような溶けていくようなボケのなかで、
くっきりと浮かぶ花弁が印象的でした。
ピントが合った部分も、カリッとした感じはありませんね。
エッジはシャープで且しっとりと細部は描写されています。
初立菖蒲2

撮影データ
F5+AFSmicro60mmF2.8G
その他のデータは下記の写真と同じ。
ただし、NX2による編集、リサイズなし。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/17(火) 20:17:50|
  2. 花・植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菖蒲

近所に最近できた菖蒲園の菖蒲です。
ひさしぶりに低感度フィルムで撮りました。
私の住む地方にしては珍しく風がなかったので使ってみる気になりました。
初立の菖蒲

撮影データ
F5+AF180mm
絞り開放
三脚、MC-30使用
Fuji Fortia SP

Canon LiDE 600F
NX2 アンシャープマスク 30% 半径 5%でリサイズ

改めて低感度フィルムの精細な描写に惚れぼれします。
ベルビアのような濃厚な発色なのに、ベタベタした厭味な感じはありません。
緻密な粒状性が、そのあたりのバランスを取ってくれているのでしょう。
透過光で見るそれはまさに浮き上がって、眼前にそのまま凛とした立ち姿を再現してくれました。

AF180mmも解放から安定した描写でした。
フィルムでは色のり、ボケ味ともに申し分ありません。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/16(月) 19:06:00|
  2. 花・植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

磯の白滝

今日は午前中に仕事を終えて、午後から撮影に行くつもりでしたが、
雨で断念。ほんと残念。

それはともかく、あまった・・・いやいや磯シリーズ第二弾として1枚アップしておきましょう!
白い泡を見てアイスクリームみたいでおいしそうと思ったのは私だけでしょうか。
・・・私だけですね。

磯の白滝
磯野白滝1-F6

撮影データ
F6+AF180mmF2.8
三脚使用 MC-30使用
NX2でアンシャープマスク20% 半径5%
トリミング、リサイズ。

はぁはぁ。今回はちゃんと編集しましたよ。
ふ~。ネタに困った時はこの手に限るな。
え!?独り言です!

テーマ:■ 渓谷、滝、海、水のある風景 ■ - ジャンル:写真

  1. 2008/06/09(月) 20:28:52|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初公開!玉ヒルズの全貌!

全国二千万の玉知安ファンの皆様こんばんは!ぷっ。
今回はブログ開設記念第二弾として『玉ヒルズ』を初公開!
ええ、そうです。かねてから皆様よりリクエストの多かった企画です。ぷぷっ。

『玉ヒルズ』 施主 玉知安、施工者 東洋リビング、築15年ぐらい。
マンション『玉』

さっそく、フロアをご案内しましょう。(^-^;)/
4F⇒デジイチ一家(D300,D60)の皆さん。DXレンズと常用レンズもお住いになってます。
3F⇒銀塩一家(F5,F6,F3,FG)の皆さん。
2F⇒ZFレンズ、Aisレンズの皆さん。AFS1735もいっしょです。
1F⇒アングルファインダー、ストロボなどアクセサリー。フィルム。
以上です。
隣にちょこんと建っているのは、最近リニューアルした『メゾン玉』ぷっ。
レンズの裏蓋、前蓋、レリーズなどのあまりカビの心配のない小物が入居してます。
え!?見たくないものを見せられて気分が悪くなった!?
そ、それは自己責任で処理してください!ぷっ。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/07(土) 21:21:51|
  2. システムの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ開設二ヶ月目

ブログ開設以来とうとう二ヶ月目・・・。
当初は三日で飽きるかと思われたが、信じられないことだ。

というわけで、記念として最近撮った写真の中から渾身のショットを数枚アップします。
この日の伊良湖は台風が沿岸を通っているらしく、荒々しい姿を見せていました。

沸き立つ磯
潮騒4-F6

夕暮れ時、潮煙の向こうに浮かぶ大きな黒い岩礁が印象的だった。

荒ぶる磯辺
潮騒7-F6

高さ10mほどの岩礁を飲み込む大波。
その瞬間、磯は轟音に響(とよ)む。
そして高さ20mほどの展望台に立つ私の眼前まで、巨大な水柱が吹きあがる。
圧倒的な自然の威力に暫し呆然と佇む。

綿津見の白滝
潮騒6-F6

大波が去った後、一瞬にして岩礁には幾筋もの滝が出現する。
海神の粋な演出。神々しいの一言。

撮影データ(共通)
F6+AF180mmF2.8D
プロビア100F
Canonクールスキャン600F
レタッチ、リサイズなし。

テーマ:■ 渓谷、滝、海、水のある風景 ■ - ジャンル:写真

  1. 2008/06/06(金) 22:24:01|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

AFDX10.5fisheyeF2.8G

ども。今夜は最近購入したレンズの中からお気に入りのものを紹介しよう。
AFDX10.5mmF2.8Gfisheyeだ。そう。最近の作例の多さからお察しのとおり、
今一番出動回数の多い魚眼レンズである。
購入したのは2ヶ月ほど前だろうか。以来、常にカメラバックの中に入っている。
初めて手にした時の感想は、え!こんなに小さいの!だった。
しかも、小さいだけでなく軽い。下の写真を見てお分かりだろう。
Ais28mmF2.8とほとんど大きさは変わらない。
最大径63mmはまったく同じ、長さは組み込みフード分長いだけだ。
重さはDXが305g、Aisが250gなのでこちらも気になるほどの差はない。
実に機動力の高いレンズだ。もちろん描写は今更書くまでもないだろう。
それだけではない。魚眼特有の歪曲効果もCNXで調整可能である。
さらにデフォルメすることもできれば、通常の広角レンズのような感じに歪曲補正できる。
一本で二度おいしい。そんなレンズでもあるのだ。

DXfisheyevsAis28.jpg


D300につけるとこんな感じ。
withD300.jpg

なにしろ小さいので、MB-D10つきのD300だと、まるで巨大な頭に
ちょこんと雀の嘴が付いたような感じになる。(笑)
単体ならもっとマッチングも良くなるはずだ。
ただ、私はこの巨大ボディと小さい高性能レンズの組み合わせ、嫌いじゃない。
金属外装でドラム缶型のソリッドなデザインも好印象。
いかにも仕事をしてくれそうなオーラもでている。(笑)
ただしAFSじゃないので、D60,D40などではAFが効かない。
D300、D60の2台体制で撮影に臨む時などは少々戸惑う時があった。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/05(木) 20:20:03|
  2. DXレンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

F6大きさ比較

再び今晩は!
夜も更けて、何だか気分が盛り上がってまいりましたぁ~!
今宵は連続アップです。ネタは、そうF6です第2弾になります。
といっても、今回は単純に大きさ比較をしてみましょう。
F6&FG
F6&FG大きさ比較

いや~、F6+17-35mm。やっぱりでかいですなぁ~。
FG+Ais28mmと比較するとまるで大人と子供です。
もちろん重さも桁違い!
FG+28mmが700gちょっとなのに対し、
F6+17-35mmはMB-40付だと2㎏をはるかに超えます。
同じSLRなのに何か不思議な感じがします。
もうここまでくると、描写がどうのこうの、どっちが良い悪いなんて議論なんか
どうでもよくなってくる気がしませんか!?ええ、そうです。楽しけりゃいいんです
チョーマニアックな世界へようこそ!

AFS17-35mmF2.8Dの作例はコチラ↓
DX17-55より落ち着いた感じの色調にですね。
遠景の解像感では20-35の方が一枚も二枚も上手です。
対して、17-35も最短撮影距離28cmで、コーティングも優秀です。
近接撮影で、光線状態の厳しい条件化では負けていません。
遠近感のある描写は申し分なく、パンフォーカス派の方にはお勧めです。
作例はパンフォーカスじゃないですけど・・・。あくまで参考程度ということで。
AFSですからスナップでも使い勝手はいいですね。
椿吹き敷く庭

撮影データ
D300+AFS17-35mmF2.8D
Jpeg Normal size M
絞り F16  SS 1/200秒
WB 晴天 ADL弱
ピクチャーコントロール ビビット
編集なし。リサイズ。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/03(火) 00:47:53|
  2. F6
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入梅ですね。

とうとう入梅ですね。
ジメジメと不快な日が続くこの季節。
撮りためた写真の中から、爽やかな一枚をピックアップしました!
雄大な岬からの眺望をお楽しみください。
暫く山の景色が続いたし、たまには海の景色もいいものですな。
え!?決してネタが尽きたわけではありませんよ。アセアセ。
岬より見晴るかす

撮影データ
D300+AFS17-55mmDX F2.8G
Jpeg Normal size S
焦点距離17mm

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/02(月) 20:21:30|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

玉知安

Author:玉知安
どうも。玉知安と申します。
写真歴は20年以上。ただし、
写真に関する知識は?
まぁ、マイペースでやってます。
主に、スナップ、植物、乗り物などを
撮っています。
気ままに撮影を楽しんでますので、
暫く更新が滞ってもご容赦ください。
m(_ _;)m

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる