FC2ブログ

★ 玉スポーツ ★

気ままに発行します。ご理解のほどを。

Ais28mmF2.8を愛でる

明日からもう6月ですねぇ~。早いものです。
今宵は昨日に引き続きレンズのネタであります。
玉知安のレンズ魂に火がついてしまったようです。アハハ~。(^-^;)>

で、そのレンズはタイトルの通り、Ais28mmF2.8!です。
そうです。最短撮影距離20mmの出来るヤツです。
ニコン党員の方で、広角好きの方だったらおなじみのレンズですよね。
私自身、カメラ人生の中で、最もお世話になったレンズかもしれません。
なにしろ、基本的に広角好き、パンフォーカス万歳主義ですから。
最新のコーティングがなされたものは逆光にも強く、
軽くて小さくて機動力に優れ、使用条件を選びません。

ところが、その大活躍だったレンズも最近では出番があまり・・・。
それで、今日は俄かにスポットを当ててみようという訳です。
それも、ただMF機に付けただけではつまらない。
思い切って、D60に付けてみましょう。(^-^)/
一度やってみたかったんです。どんな世界観を演出してくれるんでしょうか。ワクワクします。
D60+Ais28mm.jpg

おおお!これは・・・。とても・・・・・。
似合わない!!(-_-;)これほどアンバランスになるとは思ってませんでした。
な、なんか、後味が悪いです。
こ、ここは、やはりMF機に登場していただきましょう!
FG+Ais28mm.jpg

うん。これこれ。似合ってます。・・・あたりまえですね。失礼しました。

ただ、描写性能に関しては、デジイチとの相性も悪くないと思います。
むしろ、抑え目の発色で個人的には好印象。
デジイチ換算で焦点距離42mmになってしまうものの、
広角マクロ、スナップなど35mm一眼レフ同様の感覚で使えそうです。

下の写真はD300+Ais28mmで撮ったものです。
昨年の写真で、しかも一枚しかないけどアップします。
D300の内部処理の恩恵でしょうか。
むしろ、フィルムの硬調で乾いた感じの写りよりも
しっとりと明瞭な描写をしてくれているかんじがします!?
各収差も目立たず、ボケ味も自然です。
新レンズラッシュの影で目立たないけど、
次回の撮影では、さらにジックリ描写を検証してみたいと思わせてくれます。
オレンジの花・D300+Ais28mm

撮影データ
D300+Ais28mmF2.8
JPEG Normal size M
絞り F4  SS 1/1250秒  ISO200
マルチパターン、WBオート、ADLオフ
ピクチャーコントロール スタンダード
クイック調整 +1
輪郭強調 4
コントラスト +1
彩度 +1
CNXで編集なし。リサイズ。

スポンサーサイト



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/31(土) 20:45:25|
  2. MF単焦点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Distagon T*2/35ZF

何の前触れもなく、Distagon T*2/35ZFのご紹介。
というのも、先日の撮影でD300の標準レンズとして携行して、
改めて、かっこいぃ~と思ったから。
MB-D10を付けたD300とのマッチングもなかなか良い。
なにより目を引くのが、凄みを感じる前玉の湾曲だ。
並並ならぬ性能の良さを、感じさせてくれるじゃないか。

えっ?重い?大きい?高い?
喝ぁ~つ!
このレンズを使う者。そんな小さなこと・・・に拘ってはいけない。
マッタリとして立体感のある精緻な描写はツアイスならではのもの。
特にフィルムではサービスプリントでも、その描写性能が素晴らしい物であることを体感できる。
でも、AFじゃない!?機能がない!?
無礼者!(笑)
そんなチャラチャラしたものは必要ない!!
描写性能さえ良ければ、スタイルがかっこよければそれでいいのだ。
孤高の存在。気合の入った男気のレンズ。左手が大活躍するレンズ。ぶっ。笑

下の写真を見て欲しい。激シブじゃないか。
眺めてるだけで、酒の肴になるレンズでもある。(笑)

ZF35mm.jpg


どうってことない写真だけど。一応、作例として。
アップ用にリサイズしてあるので画質は荒いです。謝。
カオレの集落・35mmF2ZF

撮影データ
D300+Distagon T*2/35ZF
Jpeg Normal
絞り F8  SS 1/200秒
絞り優先 マルチパターン
ISO200  WB晴天
高感度・長秒時NR オフ
ADL 標準
ピクチャーコントロール・スタンダード
輪郭強調・3
彩度・+1
CNXでアンシャープマスク+35%・半径5
その他の調整なしでリサイズ。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/29(木) 20:58:10|
  2. MF単焦点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AF180mmF2.8D所感

久しぶりのレンズ性能所感。
といっても、ただ写しただけですけど。
D300+AF180mmF2.8Dで撮りました。
鬱蒼とした森の暗がりから現れた蝶の羽の模様は
まるでネオン管の電飾のように鮮やかでした。

カオレの初夏
カオレの初夏

撮影データ
D300+AF180mmF2.8D
RAW 14bit
絞りF5.6  SS1/1000秒
絞り優先 露出補正0
WB 晴天  ADL 標準
ピクチャーコントロール スタンダード
輪郭3 彩度1 CNXで編集、トリミング、リサイズ。

解像感はもちろんのこと、ボケ味も自然で個人的には好印象です。
ただし、絞り開放では色収差が少々・・・。
もっともそんなことは、どのレンズでも大なり小なりあることです。
とくにデジでは最新ナノレンズでもない限り、様々な収差が目立ちますから
あえて気にしないようにしてます。
それより、このレンズを実際に使ってみて一番感動したのは、
スナップでも十分使えること。
細身の鏡胴、760gの軽さで気軽に振り回せます。
スナップ派、手持ち派の諸兄にはお勧めです。
過去に80-200mmも所有しておりましたが、結局ほとんど望遠側でしか
撮らなかったので、180mmという焦点距離も調度いい感じです。

動き物、風景切り取りでも80から200mmまであまねく使う方、
とくに望遠ズーム主体のレンズ構成の方は
80-200やAFS70-200を購入されたほうが良いでしょう。
私は個人的に単焦点で正解でした。
普段の撮影では、望遠レンズは使用頻度もそれ程多くありませんので。 [AF180mmF2.8D所感]の続きを読む

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/26(月) 21:45:52|
  2. AF単焦点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

阿弥陀が滝

岐阜県郡上市白鳥町の阿弥陀が滝です。
落差約60m。壮観でした。
滝つぼから起こる涼風はマイナスイオンの塊!
癒されました~。
でも、水辺は蛇が多いので気をつけましょう。
滝つぼ周りの岩場には少し足を踏み入れると蛇がにょろにょろ~。

阿弥陀が滝

撮影データ
D60+VR DX18-55mm
18mm Jpeg Basic size L
絞りF5.6
SS 1/1250秒
絞り優先 ISO800
WB 晴天  仕上がり 標準
CNXでリサイズ。編集なし。
それにしても、最新の廉価ズームの写りは素晴らしいの一言に尽きます。
私がRAW現像した画像より綺麗です。
被写体が決まっているなら、お好みの設定で後はカメラ任せにしたほうが、
カメラの内部処理は適正に画像を調整してくれます。

テーマ:■ 渓谷、滝、海、水のある風景 ■ - ジャンル:写真

  1. 2008/05/25(日) 23:01:58|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いとしろ大杉

岐阜県郡上市出張報告第一弾。
白山登山口の岐阜県側にある大杉です。
樹木というよりも、ひとつの巨大な建造物って感じの大きさでした。
このほかにも遠近感を狂わせる太さ高さの巨木の群れに、圧倒されっぱなし。
落差60mの阿弥陀ヶ滝も壮観でした。
さすが、美濃・飛騨!奥三河とはスケールが違います。
ただただ圧巻の一言に尽きます。
滝の光景は明日アップします。お楽しみに!あれ。もう日付変わってましたね。(汗)

いとしろ大杉
国天然記念物。樹齢約1800年。高さ25m。幹周り13.45m
いとしろの大杉

撮影データ
D60+10.5mmフィッシュアイDX
JPEG fine サイズM
F/8  1/320秒
ISO800  WB:晴天  仕上がり設定:標準
CNXで編集なし。リサイズ。

テーマ:<<森林風景>> - ジャンル:写真

  1. 2008/05/25(日) 00:30:27|
  2. 花・植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あさっての出張に備えて

あさってから出張です・・・・・。
カメラは暫くお預け。
と思いきや、さにあら~ず。
カメラ道に休日はない!のです!
しかも、出張先はナント岐阜県郡上市。
被写体の宝庫じゃないすか~。
ちょっと足を伸ばせば、白川郷
カメラマン垂涎の世界遺産。ザ里山の憧憬。
相手にとって不足はありません。プッ。
俄然やる気が出てきましたぁ~。<(^-^)>

という訳で、出張に携行するシステムを紹介します。

DSC_0146.jpg


ドンケF-6
D60
AFS18-55mmDX F3.5-5.6G
AFSMicro 60mmF2.8G
AF FISHEYE 10.5mmDX F2.8G
ULTRON 40mmF2
三脚:スリック813EX


利便性と描写のバランスを取りつつ、総重量を極力抑えました。
名づけて、ホントに仕事する気あるのかセット!
で、ではなく。(- -;)ノ"

仕事は犠牲にしても、描写は犠牲にしない。
玉・出張スペシャル!ブッ。(≧з≦)
な。なにか。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/20(火) 22:18:23|
  2. システムの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

深山路・垂水

ブログのデザインを変更したので、記念&画像サイズ調整のためアップします。
拙い作例ばかりとはいえ、一応写真メインのブログですからね。
もうちょっと、大きいサムネイルでアップしたかったんです。(苦笑)

さて、下の写真を撮ったところは有名といえば有名かな?
三河地方のとある景勝地です。ほぼ平らに削られた流紋岩の、茶褐色の川床が印象的な川です。
そこには、何時の時代のものか、物置ほどの巨大な大岩が点在していて圧巻でした。
大岩の上にはさらに、松や躑躅が生えていて、天然の日本庭園のような、
いや、それ以上の雅を演出してました。
カレンダーやポスターの写真を撮るために、著名な写真家も訪ねるところですから、
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
この日は、水量も少なく魚眼レンズで、川の流れに迫って撮るには都合が良かったです。
今度はもっと水量の多い時に、行ってみるつもりです。


深山路・垂水

撮影データ
D300+Fisheye DX10.5mmF2.8G
RAW 14bit
絞り F22  SS 1/10秒
撮影モード:絞り優先
露出:+0.3段
測光モード:マルチパターン
撮影感度:ISO 100
WB:晴天
ピクチャーコントロール:ニュートラル
CNXで編集、トリミング後リサイズ
三脚、MC-30使用

思い切って、さらに2枚アップ!
下の2枚の写真の共通データ
D300+Fisheye DX10.5mmF2.8G
JPEG normal size S
高感度NR:オフ
ADL:オフ
WB:晴天
ピクチャーコントロール:ニュートラル(輪郭強調、彩度ほか全て0)
CNXで歪み補正、編集後、リサイズ。

深山路・うづの川床
深山路・うづの川床

このような、龍の鱗のような真平らな茶褐色の川床が数百メートル続いています。
両岸には新緑鮮やぐ原始林。茶と緑の対比が、とても神秘的な光景でした。
時として、自然は人間が考えだにしない美しい景色を創造してくれます。
個別データ
川下側の光景
絞り値 F11  SS1/50秒  露出補正 -0.3  ISO 800

深山路・珍の川床
深山路・珍(うづ)の川床

突き出した岩場から、川上側を撮影しています。
個別データ
絞り値 F11  SS1/80秒  露出補正 -0.3  ISO 200

テーマ:■ 渓谷、滝、海、水のある風景 ■ - ジャンル:写真

  1. 2008/05/18(日) 13:12:47|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苔清水

決して色かぶりしているわけではありません。(笑)
ホントにかんな感じだったんです。
まるで、トトロの森か屋久島にいるかのようでした。
森の妖精がひょっこり顔を出しても不思議ではない雰囲気でした。
大岩、小岩すべて苔生し、渓流の清澄な空気を薄緑に染めていました。
深山幽谷とは、このようなところを言うのでしょう。
どんな名庭師の作る日本庭園よりも美しかったです。
自然の造形の不思議と凄みを感じます。
新緑の間を通り抜けた陽光は、流れる水さえも薄く、限りなく透明な緑色に染めていました。
それはまるで、入浴剤を入れたお風呂のよう・・・。(笑)

え?場所は秘密です。(^-^;)
私だけが知っている秘密の場所なんです。
今回はD300で撮影しましたが、フィルム、それも大判、中判で撮ったら
息を呑む美しさの"絵"になるでしょねぇ~。フフッ。

苔清水
苔清水

撮影データ
D300+ZF35mmF2
三脚、MC-30使用

テーマ:■ 渓谷、滝、海、水のある風景 ■ - ジャンル:写真

  1. 2008/05/16(金) 23:33:11|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渓流と藤

昨日、ふざけすぎた罪滅ぼしです~。(^-^;)

先日訪れた山里の奥深く。
見事な野生の藤が咲いていたのでアップします。
山というと紅葉の季節が注目されがちですが、
春の新緑がまぶしい頃もなかなか見所がありますね。

渓流と藤

撮影データ
D300+AFS DX 17-55mmF2.8G
JPEG Fine 画像サイズ M
絞り F5.6
シャッターSS 1/100秒
露出補正 -0.3
ISO 800
マルチパターン測光
WB 曇天
高感度NR 標準
ADL 標準
ピクチャーコントロール スタンダード
CNXで編集、リサイズ。

ちょっと、色をつけちゃいました。
藤の色はもっとアッサリしてました~。
まあ、イメージ作りの範疇ということで。

テーマ:■ 渓谷、滝、海、水のある風景 ■ - ジャンル:写真

  1. 2008/05/14(水) 22:05:33|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原点に返ろう!

ある穏やかな春の日の午後、岬の先端でなにげなく写した下の写真。
どうってことない写真だがハッと思った。
やはり単焦点の描写は素晴らしい
解像感、ヌケともに文句のつけようがない。

siosai


同時にそこにはD300購入以来、約半年間、
編集だ、RAW現像だと、大騒ぎしてウキウキ気分で
デジタルに現を抜かす自分がいた。
挙句の果てには、各社のデジイチの写りを試写する始末。
しかも、撮った写真のほとんどがズームだ。

いかん!軟弱だ!どうした玉知安。社会人になりたての頃、
写真を真剣に撮り始めた頃を思い出せ!
あのストイックに被写体と対峙していた頃を。プッ。(^m^)
潮騒に煙る波濤を掻い潜りつつ夕日を追い、
山中にあっては、ひたすらイメージを観想していたじゃないか。(笑)

そういえば、その当時のメイン機種はFM2と50mmだった。
ほどなくして、24mmを購入した。
お金も、あまりなかったからこれぐらいしか買えなかったのだ。
爾来数年間、ほとんどこのカメラ一台とレンズ2本で写真を撮っていた。
これでシステムとしては十分だった。後は足で焦点距離の不足を克服していた。

それが、今は出来るだけ便利に簡単にというパラダイムに流されている。
こんなことじゃ駄目だ。そうだ!原点に返ろう。
というわけで、次回の撮影機材はこれ↓に決定!
気合のF6単焦点セット

F6単焦点セット

内容
ドンケF3X
中央の二つのコンパートメントの一方にF6
もう1つにAF180mmF2.8
二つのサイドポケットにZF25mmF2.8とZF50mmF1.4
ポジフィルム5本(PROVIA 100F)
その他アングルファインダー、リモートコード、小形レフ板など。
三脚、ジッツオバサルト

さあ、これでもう描写がどうのこうのという言い訳は出来ないぞ。
細かい画角調整は自分の足でするしかない!
行け玉知安。負けるな玉知安。
究極の心象風景を手中にする日は近いぞ!

あ!サイドポケットの空いたところには
大好きなポッキーと紙パックジュースが入ります。ププッ。(-m-)
人間界の喧騒を離れ、ひねもすのたりのたりかな~っと。むっふ~。(^◇^;)b

お詫び。
真剣に読んでしまった方へ。誠に申し訳ございません。m(_ _;)m

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/13(火) 20:59:11|
  2. システムの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新緑と清流

今夜も奥三河シリーズです。
緑鮮やぐ季節。山里の緑はやはり美しかったです。
秋にはきっと素晴らしい紅葉を見せてくれるでしょう。

新緑と清流

D300+AFS DX17-55mmF2.8G ED
画質JPEG fine Size M
絞り F5.6 SS 1/60
ISO 1600
WB 曇天
高感度 NR
ADL off
ピクチャーコントロール ニュートラル

テーマ:<<森林風景>> - ジャンル:写真

  1. 2008/05/09(金) 21:25:23|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥三河の花です。
画像の大きさを調整するために、そのままアップします。

この花。山林一体に群生してました。
なんて名前の花なんでしょう。
薄暗い森の際にも咲いていて、清楚な白色がすごく綺麗でした。

奥三河の花
  1. 2008/05/08(木) 21:07:12|
  2. 花・植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そういえば。

そういえば。ブログを始めて一ヶ月たちました。
飽きっぽい私にしてみれば奇跡です。
日記とか一週間続いたためしはありませんでしたから。(笑)

下の写真は最近お気に入りのカメラ二台とレンズです。
軽くて小さくて嵩張らないので重宝してます。
記念としてアップします。(笑)
新旧リトルニコン!?
FG+D60

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/08(木) 20:57:04|
  2. システムの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杜の光芒

今宵も奥三河シリーズの写真からです。
第二回目は杉の大木の写真です。
森の奥深くにあって、苔生した大きな根が印象的でした。
ちょうど訪れた時間が良かったのでしょうか。
通り抜けてきた初夏の太陽光が、そこだけに届いていました。
薄暗い森の中だけに、巨大な光の柱のようでした。
その神々しさに暫し感動。
その後、われに返り慌ててシャッターボタンを押しました。(笑)

杜の光芒


撮影データ
D300+AFS DX 17-55mmF2.8G
Capture NXで編集、リサイズ。

テーマ:<<森林風景>> - ジャンル:写真

  1. 2008/05/08(木) 20:44:52|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥三河シリーズ第一回

本日、念願かなってジックリと写真が撮る事ができました。
撮影地は奥三河の秘密の場所。(笑)
清澄な空気、渓流の清らかな流れ、山間に木霊する小鳥のさえずり。
山里はいいですね~。
私以外、半径数百メートル以内に人間はいなかったと思います。(笑)
観光地のように気を使う必要がないので撮影に専念できました。

皐月の浄衣


山奥の小祠ながら、しっかりと作られた手水屋が建っていて、
その前に、真っ白な躑躅?が咲いてました。
お清めの意味ををこめて村人が植えたのでしょうか。

撮影データ
D300+AFS DX 17-55mmF2.8
JPEG Fine size M
WB 晴天
NR off
ADL off
Capture NXでアンシャープマスクをかけてあります。
Dライティングで暗部を持ち上げています。

さすがに撮影枚数が多くなりそうだったので、
RAWは断念・・・。
今回はJPEGになってしまいました。(^-^;)>
やっぱ、何から何まで、はやいっす・・・。快適快適。(^-^)/
WB。←これさえ上手く操ることが出来たら、
JPEGでも画質は個人的には十分と言う気がします。
高感度ノイズもISO1600、NR標準で不足はありません。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/07(水) 20:30:44|
  2. 花・植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花咲く丘の教会

午前中に大方の仕事を済ませ、
午後から撮影に行ってきました。
なんか観光写真みたいになってしまいましたね。(^-^;)
以前から目をつけていたポイントです。
南国の雰囲気は出てますかね?
今日は本当に天気がよく爽やかな日でした。

花咲く丘の上の教会


今日はD300で撮影しました。
設定はRAW+JPEG Sです。
RAWfileよりもJPEGの方がレタッチしやすかったです。
なんか感覚的には、できるだけカメラ側の負担
を少なくしたほうがレタッチしやすい感じがします。
まあ、そろそろ民俗資料館行きの私のオンボロPCでは、
いろんな意味で負荷が軽いほうがいいという事でしょう。
リサイズしてありますので、拡大すると荒れが目立ちますけど、
画質もJPEGで十分綺麗です。

撮影データ
D300+AFS17-55mmF2.8
焦点距離 28mm相当
絞り F22
SS 1/80秒
絞り優先、マルチパターン
ピクチャーコントロール:ニュートラル
ISO200
NR off
ADL off
JPEG 画質basic サイズS
Capture NXでリサイズ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/06(火) 23:00:20|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伏せ屋の雪洞

えっと。何時撮った写真だったか?・・・忘れました。(^-^;)>
たぶん、1年以上前の写真だと思います。
漁村をブラブラとカメラを持って歩いていたら、
小さな民家の荒れ果てた庭にアロエの花が咲いてました。
夕日に花だけ照らされて、その美しさが背景の粗末な家と
対照的だったので、何枚か写真を撮りました。
題名の通り、まるで花が行灯のように輝いていて、
印象的な光景だったのを今でも思い出します。
鄙びた里の、自然が作り出した小さな雅。
おそらく、私が写真を撮らなかったら誰の目にもふれなかったでしょう。
古典の世界で語られるところの、“わび”といってもいいかもしれません。

伏せ屋の雪洞

撮影データ
F5+Distagon25mmF2.8ZF リバーサルISO100
canoscan LiDE 600Fで取り込み
Capture NXで
アンシャープマスク +10%
明るさ +10%
カラーバランス(赤) +10%

あいかわらず、スリーブの諧調、清澄、解像感、ヌケ、発色は圧倒的ですな~。
モニターじゃ話になりません。
しばらくD300に傾注していたので、改めて新鮮に感じました。
ちょっと言葉では、上手くいえないですね。
もし、これをご覧の方で、まだスリーブの写真を体感されていない方が
いらっしゃいましたら、是非一度ポジ写真に挑戦してみてください。
余程特殊な条件化でない限り、露出はカメラ任せでも大丈夫だと思います。
最近のカメラは優秀ですから。
ライトビューワーで見る、スリーブは、まさに、あの時の、あの光景、そのもの

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/05(月) 20:28:01|
  2. 花・植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

F3T+Ai135mmF2S

私が高校生の頃、F3は憧れだった
F1よりも断然かっこいいと思っていた。
カメラ屋でカタログだけ貰ってきて、毎晩のようにため息をつきながら
勉強もせず、ただひたすら眺めていたのを昨日のことの様に思い出す。(笑)
もちろん、買う金などあるはずもなく、高校3年間、大学4年間、ただ憧れで
時が過ぎて行ったのは言うまでもない。
当時は友人のお父様から貰ったFGを使っていた。

そんな私が、社会人になってちょっと懐に余裕が出て、
初めて買ったニコンMF機フラッグシップがF3P
やはり、プロ仕様という言葉にコロッと逝ってしまったのである。
MD-4&コマ速変換機つきで、FM2などの中堅機とは
段違いの質感、精密感に圧倒された。
シャッターボタンは防水用のラバーがついていて、
プロ機のオーラが燦然と輝いていた。
値段は上記システムで22万ぐらいだっただろうか。
知り合いのカメラマン経由で購入した。

しかし、今私の手元にはF3Pはなく、かわりにあるのはF3Tだ。
数年前に新品同様のF3Pを下取りに、F3Tの中古を買ったからだ。
なぜか。それは・・・、
・シャッターボタンを覆う防水用のカバーが気に入らない。
・フィルムカウンターの文字が白い。
・ペンタ部のみチタン。
・基本的にMD4の使用を前提とした裏蓋。
だったから・・・。要するにプロ機としての仕様が気に入らなかったわけだ。
せっかく、使いやすく改良してあるのに、今考えるとバカバカしい理由だ。

それでも後悔はしていない。
F3Tのその質感、操作感に満足している。
結局私にとってF3とはカタログなどで若い頃見ていたF3だった。

F3T+Ai135mmF2S


これを、インプリンティング(刷り込み)といっていいのだろうか。(笑)

因みにレンズは度々登場している135mmである。これも高校時代の憧れだった。
今こうしてF3とともに手元にあるのは、大変感慨深い。

ついでにストラップも写しておいた。
Nikon×PORTERオリジナルストラップ<高密度キャンパス>ブラウンである。
はっきり言って、激シブ!F3にベストマッチ!
薄くて強靭、カメラバッグにもスッポリ収まる。

それにしても、こんなしょうもないネタですいません。m(_ _;)m

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/04(日) 21:26:57|
  2. F3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風景・花撮りシステム(海岸仕様)

次回の撮影のシステムはこんな感じかな。
海岸沿いをブラブラ歩きながら風景、花撮りメインにするつもりなので、
MF単焦点のみの構成にしました。
描写性能を落とさず、できるだけコンパクトにまとめることが出来たと思ってます。

といっても、いつもの銀塩システムとそうかわり映えしませんねぇ。(^-^;)>
変わったところといえば、荒天用にプロテクトフィルターを
用意したぐらいでしょうか。海岸沿いって、意外と風が常に吹いていて、
砂や塩が舞っていますから。フィルター付けない派の私も、さすがに
長時間、波待ちする時などはフィルターを装着します。

スナップメインだとAis135mmがAFS17-35mmF2.8Dに変わることが多いです。

風景・花撮りシステムwith F6(海岸仕様)
風景・花撮りシステム(海岸仕様)

システムの内容
カメラバッグ DOMKE F-3X---1000g
F6---460g 最近はMB-40を付けない事が多いです。(^-^;)
AiS135mmF2---860g 描写力は抜群。ただ、やっぱり重いねぇ~。
Ais micro105mmF2.8---515g 個人的に中望遠マクロは使い勝手がいいです。
Distagon 25mm ZF---460g 花撮りでは広角マクロとして活躍することが多いです。
サブのFG---490g 
その他アクセサリー類 MC-30,DR-5,1.4倍テレコン,フィルター3枚,小型レフ版,フィルム5本など

三脚 GITZO 2931---1600g
雲台 GITZO G1278M---600g 重いけどかっこいいんだよな~。

総重量7kgちょっとでしょうか。
自分が持ち出すシステムとしてはミドル級の重量です。
D300+大口径ズームシステムだと10kg前後になりますから、
これぐらいだと、まあまあ歩けるシステムですね。(^-^;)
海岸の岩場でもそれほど苦になりません。
また、カメラバッグを下に置かずにレンズ交換等が出来ます。
波が荒く、風の強い海岸では重要な機能の一つです。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/01(木) 22:00:15|
  2. システムの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

玉知安

Author:玉知安
どうも。玉知安と申します。
写真歴は20年以上。ただし、
写真に関する知識は?
まぁ、マイペースでやってます。
主に、スナップ、植物、乗り物などを
撮っています。
気ままに撮影を楽しんでますので、
暫く更新が滞ってもご容赦ください。
m(_ _;)m

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる