FC2ブログ

★ 玉スポーツ ★

気ままに発行します。ご理解のほどを。

特集!DA Limited!

いきなりDA Limited特集です!

台風が近づいて来て、どこへも出かけられないのでたまにはこんな遊びもいいでしょう。

DA15mmF4ED AL Limited + K20DTS   DA15mmF4ED Limited

本日納品・・・、いや入団した超広角系選手です。
きっと広角打法で大活躍してくれるでしょう。

にしてもリミテッドレンズのデザインは秀逸ですね。
フードの形状もコンパクトで実用的でありながら、とてもユニーク。
DA21mmF3.2AL Limited   DA21mmF3.2

DA40mm.jpg   DA40mmF2.8

DA40mmはBG付K20Dに装着すると、まさにレンズキャップ。
フジツボフードもおしゃれです。

ホントに愛着がわくレンズたちですね。
スポンサーサイト



  1. 2011/05/29(日) 17:10:37|
  2. AF単焦点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

入団記者会見

やっと移籍選手が来日、いや来玉しました!(笑)
もちろんAF20mmF2.8D選手とAF35mmF2D選手です。
第一印象はやはりコンパクトですね~。
しかも軽いです。あたりまえですね。(苦笑)
合掌スピードも申し分ありません。
ジーという音さえ気にしなければ体感的にはモーター内蔵レンズ並みです。
ただ・・・。
D700+AF20mm+AF35mm.jpg
さすが超広角レンズのフードです。
デカイです。(笑)
まあ、これはどうしようもないことですからね。
いや、むしろ迫力があってけっこうけっこう~。頼もしい限りじゃないですか!
レンズ名はプリントだし、外装はエンプラですけど、いかにも、
いい仕事!してくれそうなオーラがでてますな!
単焦点はMFに限るなどと言っていた頭の固いオーナーも、
これで考え方を改めることになるでしょう。(笑)
初打席が楽しみです!(^-^)/

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/27(金) 23:25:55|
  2. AF単焦点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

AFS60mmF2.8G

先日の裏庭の花の写真から。
DXとはいえ、実効絞値F3.3~4ともなればピントはシビアですね。
被写界深度激薄~。あたりまえか。
フラワークラウン?b
めしべb
D40+AFS60mmF2.8G

ポートレートや植物でボケを演出したい方は是非お1つ。

それにしても、いい年したオッサンが、ずいぶんメルヘンチックな写真を撮ってしまいました~。
柄じゃないんですけどね。はずかし~。(笑)
まあ、何かの参考になればと思いまして・・・。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/22(日) 23:00:07|
  2. AF単焦点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お詫び

ただいまブログ更新停滞中。
しばらく裏庭に咲いた季節の花をご覧ください。<(_ _;)>

裏庭の葉ボタンb
D40+AFS micro 60mm F2.8G

AFS micro 60mmは相変わらず切れますね~。
モヤッっと感ゼロのヌケの良い描写です。

写真の花は裏庭に咲いた葉ボタンです。
思い切って真上から撮ってみました。
この季節、成長しすぎて大きく長くなってしまったものの、
逆にそれが奏功してか、真上から撮ると茎周辺の花弁が程よくボケてくれました。
図らずも幻想的になった一葉です。

裏庭の椿b
D40+AFS micro 60mm F2.8G

D40も軽くて使い勝手がいいですね。
ちょっとお散歩撮影に行きたいときには重宝します。

もちろん写りは折り紙つき。
画素ピッチに余裕があるからでしょうか。
内部処理と画素数のバランスが良いからでしょうか。
本当に素直な描写だと思います。
600万画素とはいえブログアップ用なら申し分ありません。
いや、それどころか私の場合A4ぐらいの印刷なら十分実用です。
生産終了が残念です。
この不景気の時代、実にエコで性能の良いカメラだと思うのですがね~。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2009/03/17(火) 16:44:26|
  2. AF単焦点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名玉紹介☆AFS micro60mmF2.8G

続いて紹介するのはAFS micro60mmF2.8Gです。
はい。発売以来、描写力に関しては非常に高い評価を受けているレンズです。
紫の花b
撮影データ
D60+AFS micro60mmF2.8G
RAW
手持ち、NX2でアンシャープマスク、明るさ調整、リサイズ。

いや~。ニコンらしいシャープな写りですね。
立体感や解像感も申し分なしです。
ツァイスには僅かに及ばないかもしれませんが、今までのニコンレンズにはなかったヌケの良さ、
なめらかな諧調、色のりの良さも感じます。
VRがないので、その分重さも抑えられ常用マクロとしての
機動力と汎用性は高いのではないでしょうか。
数ヶ月前に森の中の滝をこのレンズ撮った画像を見てもしっかり解像してますね。
遠景の描写力も悪くないと思います。
なにより、DXフォーマットでこの描写力!
やはりカメラってレンズなんだな~と思い知らされました。

あ、ここで臨時ニュースです!
タマゴンズは(笑)
最近、打率の低迷に悩み、不調だったAis micro 105mmF2.8さんを今季限りで
自由契約にすることを発表しました。(;_;)
十年近く活躍してくれた選手なんですけどね~。残念です。

なお、タマゴンズは来期、
以前から待望論のあった現在コシナーズで活躍している
Carl Zeiss Makro Planar T*2/50(ZF)選手の獲得に乗り出すことを表明しています。
現在、契約金の交渉を重ねており、うまく話がまとまれば今年中にでも
正式入団することになるでしょう。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/08(土) 20:40:53|
  2. AF単焦点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

玉知安

Author:玉知安
どうも。玉知安と申します。
写真歴は20年以上。ただし、
写真に関する知識は?
まぁ、マイペースでやってます。
主に、スナップ、植物、乗り物などを
撮っています。
気ままに撮影を楽しんでますので、
暫く更新が滞ってもご容赦ください。
m(_ _;)m

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる