FC2ブログ

★ 玉スポーツ ★

気ままに発行します。ご理解のほどを。

玉知安、カメラバッグを大いに語る!の巻

また、カメラバッグネタで申し訳ない。
参考までに今回ブリーフスタイルのカメラバッグを購入するに当たり、
私が比較検討したその他のカメラバッグのリストを紹介しよう。
いくら私がドンケマニアだからといって、いきなりF802を抱えてレジに走ったわけではないのだ。(笑)

各メーカーのバッグ
 
①ドンケF802ブラック ※A4サイズ、コンパートメント無し   
②ドンケF803     ※B5サイズ、コンパートメント有り
③ドンケJ803ブラックジャーナリスト ※防水加工済みナイロン製F803 デザインは激シブ これイイ!
④テンバ スモールメッセンジャーバッグ ※ご存じカメラバッグのもう一つの定番メーカー。 収納十分、ビッグサイズあり、私の身長があと10cm高ければドンケじゃなくてこちらを買っていたかも。(笑)
⑤ナショナルジオクラシック NG2475 ※小型ノートPC収納可能、最近どこのキタムラでも見かける
⑥ナヌーPRO ミリタリーシリーズ タンゴ ※付属コンパス、重さ2.15kg
⑦ナヌーPRO ミリタリーシリーズ リマ ※ナイロン製0.77kgで軽い、でも収納十分
⑧銀一 Mクラシックス コンパクトバッグ ※ウェブ価格、30,450円!ブランドオーラバリバリっす(笑)
⑨golla スクレーパー15インチ ※花柄メディアケースでおなじみメーカー。 ただしこのバックは大人しめのデザイン
⑩タムラック #3537 カーキ ※5,980円 CPとメーカーとしての実績が魅力
⑪クランプラー 6ミリオンダラーホーム(旧型) ※いわゆるカメラバッグらしくない垢ぬけたデザインの代表格。最近、持ってる人をよく見かけるようになった。

以上だ・・・。
ん!?。大いに語ってないじゃないかって?。(^^;)
ふむ、それではカメラバッグを購入する時、私がいつも心がけている点を列記しよう。
なにしろ被写体が決まれば、機材が決まり、そしてその大切な機材を運ぶのが
カメラバッグなのだから厳正な取捨選択は重要なのだ!
特に素人にとっては楽しい写真生活を送る上で大切なファクターとなってくる。
何故なら写真を撮るために、体力も時間も財力も費やせるプロと違って、
素人は色々制約を受けるからだ。制約とは撮影時間がない、機材以外に
運ばなきゃいけないものがある、体力に自信がないなど枚挙にいとまないことは
今更言を俟たないあろう。
TPOに応じて上手にカメラバッグを使い分ける。
これが趣味として写真生活を楽しむ上で、最も大事な要素と言っても過言ではないのだ!

以下、ショルダータイプ、一眼レフの収納を前提としている。

1、デザインよりも機能を重視すべし。
  気持ちはわかるが体裁は二の次と割り切りたいものだ。
  カメラバッグを持ち歩くだけの趣味だというなら話は別だけど・・・。
2、重さは約1kg~2kg以内にするべし。
  機材はバッグだけではない。余程体力に自信があるならともかく、重いバッグは必ず負担になる。
  旅行慣れした人ほど、バッグは小さく荷物は最小限にしているのを見ればお分かりいただけると思う。
3、防犯対策が施されたものを選ぶべし。
  いくら軽いからと言って薄すぎる生地のものは避けたい。カッターなどで切られて中身を簡単に
  とられるからだ。また、上蓋の留め金、フックは嵌めやすく、外しにくいものを選びたい。このあたり
  面倒臭がっていると後で後悔することになる。
4、使用状態、運搬方法を細かく想定してデザイン、形状を選ぶべし。
  たとえば、飛行機や電車、バスの荷物用コンパートメントの中には異常に小さいものがある。
  こんな時、ショルダーパットの部分が大きすぎると意外と邪魔になる。太ければ肩に負担が
  少ないとはいえ、必要以上に太く厚くなければならない必要はない。
5、ボディにレンズをつけたまま収納できるバックにこだわるな。
  一気に選択肢は狭まるし、重く大きくなりがちになる。
  特にデジイチの場合、神経質になってできるだけそのような仕様のバッグを購入したくなるが、
  そもそも一眼はレンズ交換が前提のカメラ。ローパスフィルターにゴミ、ホコリがついたら潔く
  サービスに持ち込むか自分で清掃しよう。撮影の際もゴミを気にしていたら萎縮して
  写真どころではないはずだ。
6、予算は多めに。
  っていうか、バッグ購入に際しては金に糸目はつけないぐらいに考えてもらってもいい。
  何度も言うように、写真を撮る気にさせてくれるのはカメラとレンズとカメラバッグと私は考えて
  いる。予算に妥協して選ぶと非常に高い確率で後悔することになる。使い道のない廉価バッグが
  クローゼットにあふれかえる。もったいなくて捨てられない。家族に邪魔といわれ嫌われる。
  という図式が出来上がる。←私のことか・・・。
7、収納が多すぎるものは避ける。
  ポケットが多いとなんか便利で機能的な感じもするが、素人の場合、意外と使用する機材って
  限られてくる。
  どこに何が入っているのか分からなくなってくる。月に一回程度の撮影ならなおさらだ。
  プロやハイアマならともかく、素人の“楽しいの写真生活”を前提とすると“使いやすい”
  換言すると“どこに何が入っているのか分かり易い”のが一番だ。
8、実際に手にとって比較検討する。
  田舎でアクセスが悪いからと言っていては納得のいくバッグの買い物はできない。
  少々時間と金を費やしてでも現物を見よう。生地の肌ざわり、重量バランスなどは
  手にとって見ないとわからない。
  できれば少々恥ずかしさを忍んでも、背負ったり、肩にかけてみるのがベストだ。
  アクティブなスナップ派なら立ったりしゃがんだり、他の客に迷惑にならない範囲内で
  動いてみるとより確実に検討できるだろう。
  このあたりカメラ、レンズ、三脚以上に厳密になる必要がある。
9、ポケットの容量に注意!
  最近、携帯電話か小さなメディアケースを入れるのがやっとかなと思うほど、
  浅くて薄いポケットしかないバッグを見かける。
  カメラのアクセサリーってかさばる物が多いのは周知の事実。
  ポケットはしっかりと余裕のある大きさのものがいい。
  家族の写真のみでそれほど趣味としてのめり込まないという方はともかく、
  これからカメラを趣味としてやっていこうという方は注意が必要である。
10、まずは必要最小限の機能の小さめのバッグを購入する。
  最初は気合が入りすぎて、収納の豊富な大きなバッグを購入してしまいがち。
  かと言って、どんな状況にも対応できるバッグは絶対に存在しない。
  大は小を兼ねるとはいかないのがカメラバッグである。
  機材、レンズが増えるごとに必要に応じて買い足して使い分けるのが賢明である。
11、できれば、システム(ポーチ、レンズホルダーなど)として拡張性の高いメーカーを選ぶ。
  まあ、名の知れたメーカーならどこも豊富なアイテムを用意しているが・・・。
  中には・・・ね。 

うん。今度こそ以上だ・・・!キリッ。(ーωー)

き、キマッタ。



じ~ん。今宵の玉知安かっこい~。(笑)

(注)
あの~、参考になるかならないかはともかくとして、ドンケ礼賛者の戯言とおおらかな気持ちで受け止めてください。<(_ _;)>
スポンサーサイト



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/17(土) 22:12:46|
  2. DOMKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

DOMKE F802

昨日、名古屋本社に出張した道すがらトップカメラに立ち寄り、カメラバッグを購入した。
ドンケF802(ブラック)だ。
価格は20,790円。
とうとう生涯4個目のドンケとなってしまった。
全く私のドンケ好きもここまでくると、我ながら呆れてしまう。(- -;)
DOMKE F802画像
もっとも、純然たるカメラバッグとして購入したのではない。
いわゆるブリーフケースとして主として仕事(出張)で使用することを目的として購入した。
今まで仕事で10年以上使っていたバッグがかなり傷んできたのだ。
必要条件としては、仕事で使用するので派手すぎないこと、
A4サイズの書類、雑誌が相当数収納できること。
さらに、普及ズームと小型D-SLRが入るポケットがあること。(笑)
まあ、最後の条件が一番重要だったりする。(^^;)
結果、私が最終的に選択決定したのがF802だったのだ。
ドンケ F802 収納
彼(F802)は私の期待を裏切らなかった。
いや、期待以上の機能を有していた。
A4サイズの書類が余裕で入るのはもちろん、裏面ポケットにはかなり厚い道路地図が入る。
そして、なんと前面のポケットにはD40+AFS18-55VRがそのまま入るではないか。
書類、雑誌が十分入って、レンズ付き一眼がそのまま入る適当な大きさのバッグってなかなかないのだ。
これは家に帰って来て一度試してみて初めて分かった。嬉しい誤算だった。
デザインも落ち着いた異を衒わない感じでいい。
これで出張中でも気軽に一眼レフをバッグの中に忍ばせておける。あはは。(゜o゜;)

・・・なんだか一人で舞い上がって申し訳ない。
希望通りの納得のいく買い物ができたのでついついアツくなってしまった。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/15(木) 22:44:48|
  2. DOMKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ドンケF-6

今回紹介するのはドンケF-6
あの超定番、ドンケF-2の小型版だ。
すでにシステムのテーマで登場しているバッグではあるが、
お気に入りグッズとして改めて紹介したい。
私が買った初めてのドンケでもある。(笑)
DSC_0071.jpg

最大収容
MFカメラ2台。
MF単焦点レンズ3本~4本。
その他アクセサリー。といったところか。
小さいのに驚くほどの収容力というドンケの歌い文句を地で行くバッグである。

ちなみに上記写真の機材は
ニコンF3
Ais135mmF2
Ais50mmF1.2
Ais28mmF2.8
ブロアー、フード、ポジフィルム6本、折りたたみレフ板、メモ帳など。

重さ1kg、価格は2万円弱といったところだろうか。
頑丈さは折り紙つきで、且つ腰のあたりにぴったりと馴染むので、
小旅行のお供に、スナップにお勧めである。
それまで使用してきたナイロン製のバッグにはなかった感触だ。
先日の私の出張ではD60とキットレンズのバッグとしても活躍した。

ただし、デザインはいかにもカメラバッグといった感じの無骨なものである。
洗練された感じはない。女性が持つのはちょっと気が引けるだろう。
そのあたりのことは、ドンケも気にしているのだろうか。
最近、チョコレートブラウンなる色のものも登場した。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/26(木) 18:48:20|
  2. DOMKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のシステム

再び、こんばんは。先にシステムの紹介だけしておきます。
明日成果を確認して、落胆しやる気がなくなってしまう恐れがあるので・・・。

カメラバック
DOMKE F-3X
システム内容
カメラ:F5
レンズ:AFS17-35mmF2.8D、Ais135mmF2、Ais50mmF1.2、Distagon ZF 25mmF2.8
ストロボ:SB-600
三脚:スリック813EX脚のみ、雲台:梅本製作所製自由雲台
その他アクセサリー:MC-30、DR-5、折畳みレフ、水準器ほか

今日は50mmF1.2をどうしても持って行きたかったので、
いつもは必ず持っていく、サブ機(F3 or FG)を持っていきませんでした。
という訳で、空いた右側のサイドポケットには50mmF1.2が入ってます。
カメラ1台、レンズ4本のシステムでした。


ドンケF3


私のDOMKE F-3XはF5、F6専用になってます。
当然使い勝手は申し分ありません。
特に、このF-3Xは重さはさほど変わらないものの、見た目F-4AFより一回り小さく、
携帯性に優れています。
にもかかわらず、大きな一眼レフ一台と大口径ズーム一本、その他レンズ2~3本、
多数のアクセサリーが入るのですから収納力も抜群といっていいでしょう。
更には、今日も肩に担いで5キロほど歩いたのですが、
体にフィットする感じが良いです。この感覚は言葉ではこれ以上説明することが出来ません。
実際、使用してみて分かる感覚です。今まで使用してきた各メーカーのカメラバックとは、
一線を画します。体に馴染むといったらいいでしょうか。
大きさ、重さ、収納など数値で分かるスペックだけではない
使い心地のよさがあります。
特に報道や素人スナップのお供には最適だと思ってます。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/15(火) 21:26:11|
  2. DOMKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・カメラバックについて

昨日に引き続きドンケの紹介。DonkeF-4AF。
とにかく驚くほど、たくさんのカメラ、レンズ等の撮影機材が入る。

DonkeF-4AF#0


それが、ドンケの売りだからあたりまえか。
本物のブランドって、このあたりの機能、使い勝手が優れている。
エルメス、グッチなどのブランドバックでも同じことが言える。
決して、素材やデザインだけに拘っているわけではないのだ。




ついでに、F-4AFが運ぶシステムも紹介しよう。

DonkeF-4AF#1


カメラ
D300+MB-D10
D60

レンズ
AF-S Nikkor 17-55mm F2.8G ED
AF-S Fisheye10.5mm F2.8G ED
AF-S Nikkor 55-200mm F4-5.6G ED VR
ULTRON 40mm F2 SL+クローズアップレンズ

アクセサリーほか
DR-6(角窓アングルファインダー)
MC-30(ケーブルレリーズ)
水準器
サバイバルツール(一本あると便利!)
雨天用ポンチョ
メモ帳ほか筆記用具(結局、写真の出来はこれで決まる・・・!?)
地図(メモ帳とともに重要なアイテム)
小型ライト
ブロワーほかクリーニングセット(デジ物はね・・・。)

結局、D300を中心としたシステムは概ねこんな感じになった。
カメラ2台、レンズ4本、ストロボ1台・・・、システムとして構成出来るのが嬉しい。
機材のラインナップは完璧に近い、腕が上がれば?きっと活躍してくれることだろう・・・。

それぞれの機材の使い勝手は、日を改めてご紹介します。



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/08(火) 16:08:55|
  2. DOMKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

玉知安

Author:玉知安
どうも。玉知安と申します。
写真歴は20年以上。ただし、
写真に関する知識は?
まぁ、マイペースでやってます。
主に、スナップ、植物、乗り物などを
撮っています。
気ままに撮影を楽しんでますので、
暫く更新が滞ってもご容赦ください。
m(_ _;)m

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる